mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

むしろ盛り上がる!カラオケで歌っても引かれないアニソン5選【男性編】

こんにちは、よりミク編集部です。

ここ数年、オリコンチャートを見ていると多数ランクインしているのが「アニソン」。

アニメの主題歌にタイアップされるだけで、それまで知られていなかった若手バンドが一気にメジャーになるなど、音楽のトレンドを語る上でアニソンは欠かせないものになっているのです。

特に男性ボーカルのアニソンは勢いのある曲が多く、カラオケで盛り上がるのにはぴったり。とはいえ、アニメをあまり知らない人の前でアニソンを歌うのは気がひける・・・という気持ちも分かります。

そこで今回、よりミク編集部は「カラオケで男性が歌うと盛り上がるアニソン」についてアンケートを実施しました。

むしろ盛り上がる!カラオケで歌っても引かれないアニソン5選【男性編】

1.リライト(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

アニメ「鋼の錬金術師」の主題歌だったASIAN KUNG-FU GENERATIONの「リライト」。2004年発表の曲です。カラオケを趣味にしている人なら、「リライトしてぇ〜!」という一節を聞くだけでマイクを握りたくなるのでは。

ギターの疾走感と、歌っていて気持ちの良い歌詞の語感は発表から10年以上経っても衰えることなく、今もカラオケの定番であり続けています。

今年の12月には、鋼の錬金術師の実写化映画も公開される上に、昨年発表されたASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバムに新録バージョンも収録されていたため、新規ファンも増えているのではないでしょうか。

  • test_face00230代
    男性

    この歌は歌いやすくてそんなにキーとかも気にしないでいいですね。思いっきり歌えます。

  • test_face00230代
    男性

    アニソンとはいっても、メジャーなバンドが歌っているので、あまりアニソン感がない。

2.RPG(SEKAI NO OWARI)

ファンタジックな世界観で男性にも女性にも人気のSEKAI NO OWARIが、子どもを巻き込んでさらに広い世代に知られるようになったきっかけの曲が、2013年発表の「RPG」。

この曲は「映画クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!」に起用され、多くの親子ファンを集めました。

シーンを選ばない楽しい曲なので、どんな人とカラオケに行く時でも盛り上がること間違いなしです。カラオケで歌う時には、YouTubeで1億回以上再生されたミュージックビデオにも注目してみましょう。

  • test_face00220代
    男性

    SEKAI NO OWARIは、女性にも人気がありこの歌を歌っておけば間違いないと思うから。

  • test_face00230代
    男性

    たくさんの人が知っていて、意外と歌いやすいので男性でも外さないと思います。

3. ボクノート(スキマスイッチ)

ポケモン、鋼の錬金術師、宇宙兄弟など、誰もが知っているアニメの主題歌をたくさん歌っているスキマスイッチ。今回選ばれた「ボクノート」は、「ドラえもん のび太の恐竜2006」の主題歌です。

幅広い年代に愛される「ドラえもん」映画の主題歌は名曲揃い。その中でも歌いやすく、誰にとっても親しみやすい「ボクノート」は男性が優しく歌い上げるにはぴったりの一曲です。

ワイワイと盛り上がる曲が続いて少し疲れてしまった時に、しっとりとしたこの曲が流れれば、カラオケの雰囲気は一気に柔らかいものになるでしょう。

  • test_face00220代
    男性

    あまり歌の音程が上下せず、単調に歌い上げてもうまく聞こえるから。

  • test_face00240代
    男性

    どの年代にも知られているドラえもんの映画の主題歌なので、間違いない。

4. サムライハート(SPYAIR)

アニメ「銀魂」の主題歌にはヒット曲が多く、2013年にエンディングに起用されたSPYAIRの「サムライハート」も多くの人から支持されています。

SPYAIRはこの曲の他にも、「銀魂」の劇場版・別シーズンのオープニングの主題歌も提供していて、アニメの世界観の一部を担う存在だと言えるでしょう。

アニメを知っている人はもちろん、知らない人とのカラオケでも盛り上がること間違いなしの一曲です。

  • test_face00240代
    男性

    歌いやすいので、盛り上がると思います。ハズさない鉄板の曲だと思います。

  • test_face00240代
    男性

    楽曲自体が良く、知らなければアニソンとは思われない。

5. 儚くも永久のカナシ(UVERworld)

いつの時代も圧倒的な男性人気を誇るガンダムシリーズ。2007年に放映されていたガンダムシリーズ12作目にあたる「機動戦士ガンダム00」も、もちろん人気です。

「儚くも永久のカナシ」で、オープニングテーマに起用されたUVERworldは、女性にも人気があるバンドなので、ガンダムの曲でありながら、男女問わず盛り上がることができるでしょう。

  • test_face00240代
    男性

    やはり男性ならガンダム世代のどれかには属するはず。

  • test_face00230代
    男性

    歌うには難しいかもしれないが、曲はかっこいい曲なので男性が歌ってもハズさないでしょう。

まとめ

ここで紹介した曲なら、アニメ好きばかりではないカラオケでも、楽しく盛り上がることができます!でも、アニメ好きな人を集めて、アニソン縛りで楽しむカラオケも、とっても楽しいもの。

mixiでは、アニソンで盛り上がるためのカラオケ、通称「アニカラ」イベントが全国各地で多数開催されています!

自分の好きなアニソンを思う存分歌って盛り上がれる、アニカライベントを探してみましょう!

「アニソン」のイベントを探す

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。