mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

デジタル一眼レフカメラ初心者が知っておくべき4つのテクニック

こんにちは、よりミク編集部です。

念願のデジタル一眼レフカメラを手に入れたら、なにか撮りに行きたくなりますよね。意気揚々と出てみるものの、なかなかうまく撮れない……なんてことも。やはり最初はカメラの扱い方や基本をしっかりと押さえておきたいですよね。今回は、初心者が抑えるべき最低限のテクニックをご紹介します。

デジタル一眼レフカメラ初心者が知っておくべき4つのテクニック

まずは正しい持ち方をマスターしよう!

まずは正しい持ち方をマスターしよう!

写真を撮るときに最も大切なことは、ブレないことです。持ち方が甘いと写真がブレてしまって、せっかく良いアングルで撮れても非常に残念な写真になってしまいます。

そうならないためには、カメラを構えるときにきちんと脇をしめることが大切です!また、シャッターを押さない手でしっかりカメラを持ち、固定しましょう。
さらに、ファインダーを覗くときは額と鼻をしっかりカメラに押し付けましょう。顔とカメラを密着させることで、固定感がアップします。

とにかく、「カメラを固定することが大切」と肝に銘じましょう。

カメラの細かい設定は後で! オートから始めてみよう

カメラの細かい設定はオートからスタート!

何事も最初が肝心ということで、カメラの設定も最初から完璧にしたいと思うかもしれません。しかし、カメラの設定を本格的にしようとすると時間がいくらあっても足りません。設定には徐々に慣れていくとして、とりあえずオート設定で撮影を始めましょう。

オート設定だと、明るさや被写体との距離によって最適な設定で撮影してくれます。ビギナーにとっては非常にありがたい機能で、これを使わない手はありません。まず初めはオート設定で撮影し、徐々にカメラの設定を覚えていきましょう。

ホワイトバランスに注意!

ホワイトバランスに注意

写真を撮った時に全体的に白っぽく写ってしまう。赤いはずのリンゴが赤く撮れず、色味がおかしくなってしまう・・・そんなことはありませんか?

そうしたときはホワイトバランスの設定を変える必要があります。ホワイトバランスの設定は比較的単純なので、覚えておいて損はありません。

ファインダーを覗きながら、正しい色になるまでホワイトバランスのねじをひねって調節しましょう。カメラによっては、「蛍光灯」や「背景白」など撮影状況を選択して設定できるものもあるので、きちんと確認しましょう。

三分割法でプロっぽい仕上がりに!

三分割法でプロっぽい仕上がりに!

三分割法はファインダーを覗いたときに、画面を縦横三分割して、線がクロスするところに被写体を配置する手法のことです。つまり、被写体が真ん中にくることはありません。

真ん中に被写体を置いた写真は平凡すぎて野暮ったくなってしまいます。被写体を少しずらすことで、エッジの効いたオシャレな写真になるのです。

また、そのほうが写真の奥行や広がりを表現することができます。この手法は初心者でも簡単に真似できるものなので、取り入れてみましょう。いつも撮る写真になぜか納得いかないという人も、これで納得のいくものが撮れるはずです。

カメラのことは先輩に聞こう!

カメラのことは先輩に聞こう!

実践してもうまく撮影できないときは、カメラの先輩に聞きましょう。mixiコミュニティには、さまざまなカメラコミュニティがあります。目的にあったコミュニティを見つけて質問してみましょう。

「カメラ」のコミュニティを探す

ほかにも写真を撮影するイベントも多数あります。先輩に直接、教えてもらうことができるかもしれません。ぜひ興味のあるイベントに参加してみてください。

「撮影」のイベントを探す

そこで知り合った仲間にカメラのことをいろいろと聞いてみてもいいですね。同じ趣味を持つ仲間を見つけて、カメラと一緒に出かけましょう♪

カメラを持って出かけよう

上達のコツはなんといってもとにかく撮ってみることです。たくさんのものを撮って、自分のお気に入りショットを壁に飾ってみましょう。風景、人、もの、動物など撮りたいものはさまざまですが、アングルを変えたり小道具を使ったりして自分好みの写真をたくさん撮りましょう。

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。