mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

今度こそ料理を始めよう!初心者が知っておきたい調理道具の選び方と食材を使い切るコツ

こんにちは、よりミク編集部です。

「料理ができたら楽しそう……」「料理を始めたい!」と思うこと、ありますよね。しかし、それまでほとんど料理をしたことがなく、なかなかチャレンジできずにいる方も多いのではないでしょうか。

そんな料理初心者のために、料理を始める前に知っておくと便利な基礎知識をまとめました。

今度こそ料理を始めよう!初心者が知っておきたい調理道具の選び方と食材を使い切るコツ

予算は5,000円!初心者が揃えるべき調理道具

料理を始めたいと思ったら、まずは調理道具を揃えましょう。しかし、料理経験がないと、どの道具をどう選んでいいかわからないもの。道具が足りなければ、作りたい料理はできません。かといって必要以上に買い揃えても無駄な出費となり、使いこなせない場合も出てきます。

初心者のうちは、必要最低限の調理道具があれば十分。作れる料理のレパートリーが増えてきたタイミングで買い足していけば、「せっかく買ったのに使わない!」といった失敗を防げます。

今回はそんな必要最低限の調理道具をリストアップしました。料理をする頻度や予算に合わせて、道具を選ぶようにしましょう。

1.包丁

予算:1,000円〜3,000円

料理でまず必要なのが包丁です。選ぶときには材質を見るのがポイント。主に、鋼製、セラミック製、ステンレス製の3種類があります。

鋼製のものは切れ味が非常に良いのが特徴。しかし、切れ味を維持するために定期的に研いでおく必要があり、お手入れに手間がかかります。

セラミック製の包丁はなんといっても「軽さ」が特徴。女性でも扱いやすいでしょう。ただし、他のものに比べて刃が折れやすく、カボチャなど硬いものを切るのには向いていません。

一方、ステンレス製は、鋼製に比べると劣りますが、初心者が使うには十分な切れ味です。錆びにくく、お手入れも簡単なので、初心者はステンレス製の包丁から始めるのがもっとも無難かもしれません。

包丁は100円ショップでも手に入りますが、安価なものと高価なものの差は、やはり切れ味。包丁の切れ味が悪いと、料理のストレスになってしまいます。料理を習慣にするためには、少し高価なものを購入した方が良いでしょう。

2.まな板

予算:100円〜800円

包丁とセットで必要になるのが、まな板です。まな板を選ぶポイントは大きさと使い勝手。自分が料理をする台所のサイズをしっかり考えて選びましょう。

まな板の材質は主に、木製とプラスチック製の2種類。木製は、包丁の刃が傷みにくいという長所がありますが、カビが生えやすく、厚手で大きめのものが多いので収納場所に困ることも。プラスチック製のまな板は、カビが生えにくいですし、軽く薄いので楽に扱えます。お手入れの手間まで考えると、初心者はプラスチック製を選ぶと良いでしょう。

3.ピーラー

予算:100円〜300円

野菜を使った料理を考えているなら、ピーラーは皮むきに役立つ優れもの。料理初心者にとって、包丁での野菜の皮むきはとても難しいですが、ピーラーがあれば簡単に皮をむくことができます。手先が不器用という方は特に持っておくと便利。

ピーラーの種類は豊富にあり、キャベツの千切り、ネギのスライス、ごぼうの皮むきなど、専用のものもあります。しかし、最初はひとつの野菜に特化したものより、いろいろな野菜に幅広く使えるものを選ぶのがおすすめ。料理に慣れ、必要になった時に買い足していきましょう。

4.フライパン

予算:2,000円〜4,000円

最初に揃えるフライパンは、深型のものがおすすめ。フライパンとしての利用はもちろん、ある程度の深さがあると、煮込み料理にも対応できます。大きさは、一人暮らしなら24cmくらいのもので十分。また、鉄製のものは、火が通りやすい一方で焦げ付きやすいという難点があるので、最初はテフロン加工が施されたものが良いかもしれません。

さらに、フライパンを選ぶときに忘れてはいけないのが、自宅のコンロがガスコンロかIHクッキングヒーターかということ。IH非対応の製品もあるので、必ず確認するようにしましょう。

調理道具を選ぶときは、機能性や使いやすさ、価格に加えて、デザインも重要な判断材料のひとつです。自分の好きなデザインの道具を使えば、料理をすること自体が楽しくなるはず。初心者は料理の楽しさを感じることが重要です。道具を選ぶ基準として、その道具を使うときに「今日も料理をしたい!」と思えるかどうかという視点を持っておいても良いでしょう。

食材を使い切るコツ!4つの食材を使い回せる5種類の料理とは?

料理をするうえでもっとも頭を悩ませることのひとつは、食材の買い方と使い方ではないでしょうか。無計画に買いこみ、食材を余らせてしまうと、料理は楽しいものではなくなってしまうかもしれません。ここでは初心者が陥りやすい失敗を防ぐために、食材を使い回せる献立を紹介します。

食材の使い回しが利く献立とはずばり、カレー、シチュー、肉じゃが、ポトフ、ミネストローネスープ。これらの料理は、基本となる材料が人参、玉ねぎ、じゃがいも、肉類と共通しています。たとえば、最初の日にカレーを作り、翌日にシチューを作る場合でも、具材はカレーと同じままで、ルウをシチュー用に変えるだけでOK。

必要な食材が似たメニューを考えれば、食材を余らせず、買い物の回数も減らせ、一石二鳥です。

まとめ

最初は上手に作れないかもしれません。しかし、料理の腕前を上げるには、実践あるのみ!最初はレシピ通りにしか作れなくても、経験を積むうちに、どの調味料をどの程度入れるとどんな味になるのか、想像できるようになるはず。そうなれば、料理初心者は卒業です!

mixiには「料理」に関するコミュニティがたくさん。作った料理の写真をみんなで共有したり、レシピを紹介し合ったり。コミュニティに参加することで、料理をするモチベーションが高まりそうですね。

「料理」のコミュニティを探す

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。