mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

これであなたもペラペラに?初心者が英語を話せるようになるための5ステップ

こんにちは、よりミク編集部です。

日本にいると日常生活で英語を話すことはあまりありませんが、仕事や海外旅行、観光客への道案内などいざというときのために、英語を話せるようになりたい!という人も少なくないことでしょう。

せっかく英語の勉強をするなら、外国人とも英語でコミュニケーションできるようになりたいですよね。そんな人のために、今回は英語初心者でも英語を話せるようになるステップをご紹介します。

これであなたもペラペラに?初心者が英語を話せるようになるための5ステップ

1.基礎英単語を覚える

「英語を話さなくていいの?」と思う人もいるかもしれませんが、何事も土台が大事。まずは基礎となる英単語をしっかり身に付けましょう。

単語帳は受験用で使っていたものでもかまいませんが、CD付きのものを選ぶと良いでしょう。CD付きの単語帳は、見るだけではわからない単語の発音も聴いてわかります。何度も何度も見て、聴いて、覚えましょう!

2.英文法をマスターする

苦手意識がある人が多い英文法ですが、英語を話せるようになるには避けては通れない道です。英文法がきちんと理解できていないと、丸暗記した英文でしか会話できない、なんてことにもなりかねません。

難しそうに思うかもしれませんが、中学レベルの内容を理解するだけでも十分英語で会話できるようになります。学生時代の教科書を引っ張り出して、英文法の基礎をもう一度おさらいしましょう。

英文法の参考書には、「a」「the」などの限定詞の違い、過去形と過去分詞形の違いと使い分けなどをイラスト付きで説明してくれるものもあります。どうしても苦手意識がついてしまっている方は、このような参考書を検討してみてもいいですね。

3.リスニング力を向上させる

英単語と文法を覚えると、「読む力」はだいぶ身に付いていることでしょう。そして、さらに一歩「話せる」英語を身に付けるには、聴く力、「リスニング力」を磨くこともまた不可欠です。

苦手意識を持つ人の多いリスニングですが、ちゃんとトレーニングすれば、英語を聴き取ります。コツは、文章の前半部分をよく聴くこと。英語は日本語と違って前半部分に重要な単語が含まれています。

たとえば「What」や「Who」のような5W1Hを聞き取れていなければ的外れな回答を返してしまうでしょうし、「don’t」「can’t」のような否定文を聞き逃せば、まったく正反対の意味になってしまいます。そのため、最初の部分を意識して聴き取るようにしましょう。少しぐらい単語を聞き取れなかったとしても、大きく意味は外さないはずです。

4.参考書はあれこれ手を付けない

本屋にはさまざまな種類の英単語帳や参考書があり、ついついいろんなテキストに手を出してしまいがち。

しかし、どれもこれもと手を出すとたとえ理解できていなくとも、勉強した気になってしまいます。自分に合った参考書を選んで、その1冊を徹底的にやり抜くことが大切です。

選んだ参考書を暗記するくらいまでになったら、次のテキストに移るようにしましょう。

5.実際に人と話す

英単語、英文法、リスニング力とステップを踏んできたら、あとは実践です。
英語は実際に使って、間違えてを繰り返すことでどんどん定着していきます。

1人ではモチベーションが続かないという人でも一緒に勉強する友達がいると継続して英語学習できるもの。英会話教室やオンライン英会話などの場で、あいさつや自己紹介から国際交流を始めていきましょう!

英語の実践を探している方は、mixiの「英会話」イベントを覗いてみてもいいですね。ワンコインから参加できるイベントや、お菓子を食べながらわきあいあいと英会話をするイベントなどたくさんあります。イベントを通して一緒に英語を学ぶ友達がきっとできますよ。

「英会話」のイベントを探す

まとめ

コツコツと努力して英語が話せるようになれば、きっと海外や国際交流の場へ行きたくなることでしょう。英語初心者はこの記事でのステップを参考に、話せる英語を着実に身に付けてください。

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。