mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

フットサル初心者がちょっと意識するだけで確実にレベルアップするコツ5選

こんにちは、よりミク編集部です。

フットサル初心者がかんたんに上達するためにはどうしたらいいのでしょう。 フットサルについて少し調べてみると、フットサルって難しい用語がいっぱいあるんですね。 ゴレイロ、ピヴォ、フィクソ.......エイト、ヘドント......パラレラ、ジャゴナウ...... .....。

もっと調べてみても小難しい戦術やテクニックの話ばかりで、結局たくさん練習しないと身につかないものが多いみたいです。 なにか、かんたんに上達するためのコツはないのでしょうか。

フットサル初心者がちょっと意識するだけで確実にレベルアップするコツ5選

筆者は小学生の頃から大学を卒業するまで、サッカー、フットサルを長年やってきた経歴を持っています。
巷には難しい用語や戦術、テクニックが溢れかえっておりますが、フットサルというスポーツをシンプルに考えると「手を使わずに相手ゴールにボールを運ぶ」ということです。
そんなに小難しいことばかりでは決してないと筆者は思っています。

今回は、筆者がサッカー、フットサルを通して学んできたことを、フットサル初心者でもちょっと意識するだけで確実にレベルアップするコツ5選としてご紹介したいと思います。

【コツ1】足の裏でボールを止めて足の内側でボールを蹴る

「手を使わずに相手ゴールにボールを運ぶ」ためには、当然ボールを扱う技術が必要になります。
まずは基本的な動作であるボールを止める、ボールを蹴る。それぞれについて、初心者でもかんたんにできるテクニックをご紹介します。

足の裏でボールを止める

フットサルはサッカーよりもコートが小さいので、人口密度が高いエリアでプレーをしないといけません。
せっかくパスをもらっても、正確にボールを止めることができないとすぐに相手にボールを奪われてしまいます。
ここでは、初心者でも正確にボールを止めることができるコツをご紹介します。

ボールの止め方はいろいろありますが、一番かんたんなテクニックは足の裏を使うテクニックです。

足と地面が三角形になるイメージ

ボールを止めるときに地面と三角形を作ることを意識することがコツです。
転がってきたボールであれば、誰でもかんたんに止められらますよ。

足の内側でボールを蹴る(インサイドキック)

次に、「ボールを蹴るテクニックについて」です。
サッカーやフットサルにおいて、ボールを蹴る基本中の基本となるテクニックが足の内側にボールを当てるインサイドキックと呼ばれるものです。
あらゆるキックの中で、ボールと足の接する面積が最も広く、最も正確にパスを送ることができます。

足の内側でボールを蹴ろう

インサイドキックのコツは、ボールを蹴るときに蹴り足(ボールを蹴る方の足)のつま先が少し上を向くように軽く力をいれて足首を固定させること、軸足(ボールを蹴らない方の足)のつま先をパスを送る味方にまっすぐ向けることです。
これらを意識して、パスを送るときはインサイドキックを活用してみてください。

【コツ2】 1~2步下がってボールをもらう

次に「ボールをもらうときのコツ」をご紹介します。
初心者の動きを観察していて経験者と大きく違うなと感じることの一つに、ボールをもらうときに視野の確保ができていないことが挙げられます。
急に難しい話になった気がするかもしれませんが、なぜ視野が広いほうが良いかというと、視野が広いほうが味方の状況、相手の状況に対する情報量が増え、余裕をもってプレーができるようになるからです。
ガンバ大阪の遠藤保仁選手や、元日本代表の中田英寿選手は視野が広くて有名な選手ですね。

では、視野を確保するとはどういうことでしょうか。
たとえば、味方からボールを受けるときAとBではBのほうが視野が広がります。

1、2歩下がると視野が広くなる

ボールをもらうときに1,2步さがることで、見えている範囲が広くなっていることがわかると思います。
このとき、もう一つ意識してほしいのは、1,2步さがるときに相手のゴール方向に体を向けることです。
イラストでも少し体が横向き(相手ゴールの方向に体を向けている)になっていることがわかると思います。
このように、ボールを受けるだけで見える世界が全然違います。

もう一つ、例をあげます。
AとBではBの方がより相手の状況を把握でき、かつ次のプレーで攻撃的なプレーを選択できるようになります。

攻める方向

この場合は、横に1,2步ずれていることがわかるかと思います。
ここでもコツは、体の向きをできるだけ相手のゴール方向に向ける努力をすることです。
イラストでは体の向きを横にすることで、相手ゴール方向状況が見えやすくなっていますね。
このようにボールを受けることで、より攻撃的な視野を確保できてチャンスを作りやすくなります。

【コツ3】相手とボールとの間に体を入れてキープする

次は、「初心者が相手にかんたんにボールを奪われないようにするためのコツ」をご紹介します。
せっかくパスをもらっても、かんたんに相手に奪われてしまっては意味がないですよね。
初心者がかんたんにボールを奪われないようにするためには、相手とボールの間にしっかり自分の体をいれてボールをキープすることがコツです。

相手とボールの間に入ること

このとき相手は頑張ってボールを奪いにくるのでその動きを意識しながら、足の裏や足の内側でボールを扱って相手から遠い位置にボールを置くように心がけみてください。
このことをしっかり守れば、かんたんにはボールを奪われないはずです。

【コツ4】 相手と味方ゴールの間に立って相手の動きについていく

ここからは守備の話になります。
フットサル・サッカーにおいて、守備はとても奥が深いのです。まずは「1対1での守備におけるポイント」をご紹介します。

ボールを持って攻撃してくる相手と1対1の場面では、常に相手と自分たちのゴールとの間に立つことを心がけましょう。

相手と味方のゴールの間に立つ

このとき気をつけなければいけないことは、初心者が狙ったタイミングで相手から華麗にボールを奪うのは難しいということです。
相手がドリブルで仕掛けてきた場合は、慌てずに相手の動きをよく観察して、相手の動きについていくことが大事です。
膝を曲げて低い重心を保ちながら、体を相手に対して半身にすることで相手の動きについていきやすくなります。

焦ってボールを奪いにいくとあっさり抜かれて大ピンチを招くことが多いので、じっくり時間をかけて守ることで、味方が守備に入る時間を稼ぐことや相手ミスの誘発の方が大事です。

【コツ5】味方との距離感を一定に保つ

最後に「組織での守備についてのコツ」をご紹介します。
組織での守備で最も大事なことは「相手にスペースを与えないこと」です。
またしても難しそうな話に聞こえるかもしれませんが、味方との距離を一定に保つことを意識するだけで、初心者でも組織の守備に貢献することができます。

味方との間を一定に保とう

イラストでは、味方との距離を一定に保つことでコートのスペースをまんべんなくカバーしていますね。
味方との距離が近すぎたり、遠すぎたりすると、コートのどこかにスペースが空いてしまい、相手は自由にプレーできてしまいます。

常に味方との距離が近すぎないか、遠すぎないかを意識しながら守備のポジションをとることを意識してみてください。

あとは実践あるのみ! 個サルに参加しよう

以上、「初心者でも少し意識するだけで確実にレベルアップできるコツ5選」でした。
あとは、とにかく実践あるのみです。

とはいうものの、いざフットサルの練習をしたくても人数を集めるのが大変だったり、場所がなかったりするのではないでしょうか。
そんななかで、最近は1人でも参加できる個人参加のフットサルが増えているみたいですね。略して「個サル」と言います。

mixiにはそういった、個サルのイベント募集がたくさんあります。イベントに参加してフットサルのテクニックを磨いてみませんか。

「フットサル」のイベントを探す

最後に、フットサル上達のための一番のコツはフットサルを”楽しむ”ことです。
ぜひ、フットサルを楽しんで、レベルアップしていってください。

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。