mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

日々の疲れにグッバイ!温泉を趣味にして自分を労わろう!

こんにちは、よりミク編集部です。

世界の中でも屈指の温泉大国である日本。火山帯が広く分布していることや、自然の恵みのおかげで水が豊富にあることから、全国各地に温泉が多く存在します。

そんな恵まれた国に産まれたからには、趣味として温泉に入ってみるのはどうでしょうか?色々とこだわって入るのなら、温泉に行くことだって、立派な趣味になります。 今一度、温泉の魅力を見ていきましょう。

日々の疲れにグッバイ!温泉を趣味にして自分を労わろう!

1.温泉の効能

温かいお湯にゆっくりつかるだけでも気分をリフレッシュすることができますが、温泉の効能はそれだけにとどまりません。

“湯治”という言葉がある通り、温泉は昔から神経痛、筋肉痛から、アトピーなどといった皮膚病など、様々な疾患に効くと言われてきました。
たしかに、温泉の成分表を見てみると、ラジウム、硫黄、アルカリなど様々な名前が書かれています。

温泉の種類と効能をきちんと知っておくことで、自分の体調や気分によって欲しい効能を選びながら入浴することができるはず。ここでは主要な3つの種類の泉質についてみていきましょう。

しょっぱい温泉は塩化物泉

温泉に入った時、お湯がしょっぱいと感じた時はありませんか?そんな塩辛い温泉は、塩化物泉と呼ばれています。この泉質は、保温効能が高く、体が芯から温まるので冷え性には嬉しい泉質です。

ちょっとくさいけど…。硫黄は黄色いニキビに有効。

卵の腐ったようなにおいが特徴的な硫黄の温泉は、黄色いニキビに有効です。黄色いニキビとは、化膿してしまったニキビのこと。治りづらく、跡が残りやすいので慎重にケアしていきたいですよね。

硫黄は解毒の効能を持つため、ニキビ専用のスキンケアにもよく使われている成分。黄色く膿んでしまったニキビの菌の繁殖を抑える働きが期待できます。

女性の心強い味方、ナトリウム炭酸水素塩泉

よく「美肌の湯」と紹介されることが多いぬめりのあるお湯は、ナトリウム炭酸水素塩泉と呼ばれます。この温泉は、古い角質を柔らかくしてくれる作用があるので、浸かるとお肌がツルツルになります。

温泉を活かす入浴法

せっかくなら、温泉の様々な効能を最大限に活かす入浴法も知っておきましょう。

まず最初に、温泉に入る前には必ず「かけ湯」をしてから入浴をしましょう。「かけ湯」には、入浴直後の急激な血圧上昇を防ぎ、体の汚れを落とすといった、2つの重要な役割があります。
また、いきなり熱いお湯に入ると身体に負担が掛かります。できるだけ負担を減らすためにも、温度の低いところから徐々に慣らすように入るのがベストです。
温泉から上がる際に、効能たっぷりのお湯を洗い流してしまうのはもったいない!せっかくなので、最大限に温泉の効能を活かすためにも、シャワーなどで上がり湯はしないほうがいいでしょう。

ただ、匂いの気になる硫黄や、刺激が強い酸性泉などは、そのままにしておくと肌を傷めてしまうこともあるので、シャワーなどで軽く流しておきましょう。

2.全国各地の温泉に行ってみよう!

温泉は日本全国にあるため、どこに住んでいても車で数時間もあれば行けるはず。日帰りや週末に気軽に行きやすいことも魅力です。

有名な温泉地は、街全体が観光地になっている場所が多く、温泉以外にも一日中楽しむことができます。温泉巡りを理由に、日本各地色々なところに出かけてみましょう!

ぜひ、温泉を趣味にするなら押さえておきたい、有名な温泉街を2つご紹介します。

【箱根温泉】

神奈川県の箱根温泉は、標高700mほどの高さに位置し、山に囲まれている自然いっぱいの立地。温泉湧出量は国内5位ですが、様々な泉質が揃っていることから、多くの温泉好きに支持されています。

しかし、箱根温泉の魅力は泉質だけではありません。温泉に浸かりながら見る、初夏の新緑や、秋の紅葉の彩りなどの箱根の自然が、温泉をもっと心地良いものにしてくれるのです。東京から1、2時間で行くことができる高アクセスな立地も◎。

【草津温泉】

「温泉街」の雰囲気を楽しみたいなら、草津温泉がおすすめ。湯畑をランドマークとした温泉街の他にも、日本一の自然湧出量と、湯温が65℃程度と高温なことでもよく知られています。

この熱い温泉を冷ますために板でかき混ぜる「湯もみ」も、パフォーマンスとして有名で、街のあちこちから聞こえて来る湯もみの声や、漂う硫黄の香りに誰もが旅情を感じるはずです。

温泉イベントで友達を作って親睦を深めよう!

mixiには温泉に遊びにいく計画を立てているイベントもあり、同じように温泉を趣味にしている人がいます!ぜひmixiのコミュニティで温泉友達を見つけてみましょう。

「温泉」のイベントを探す

まとめ

ただ疲れを癒すだけではなく、泉質や効能など、知識を深めることで趣味にすることができる温泉。

さらに温泉を趣味として追求していきたいなら、「温泉ソムリエ」の資格を取ってみるのもおすすめです。全国各地で月に何回か開催されている約半日のセミナーを受けると「温泉ソムリエ」の認定証をもらうことができます。

様々なレベルが用意されているので、初心者から上級者まで満足な内容の知識量を得ることができます。取っておくと、ここぞという時に、温泉の知識を披露できるかもしれません。

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。