mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

インラインスケートを練習したい!初心者に最適なオフ会を体験してきた

こんにちは、よりミク編集部です。

「スポーツの取材をしたい」と思い、コミュニティを探していると.......「インラインスケート初心者練習会」というコミュニティを発見! 「インラインスケート?滑るスポーツ?」と興味を持ち、主催者さんに取材依頼のご連絡をすることに。後日、主催者さんから「大変興味深いメッセージをありがとうございます。こちらは一向に構いませんので、是非いらして下さい」と嬉しい連絡をいただき、胸を踊らせながら取材へ出かけました。

インラインスケートを練習したい!初心者に最適なオフ会を体験してきた

今回取材させていただいたのは、月1でインラインスケートの練習会を開催されている「インラインスケート初心者練習会」コミュニティの管理人であるみどりいろさん。

練習会は初心者でも参加できるのこと。「これは体験してみたい!」と思い、インラインスケート専用靴とプロテクター、そしてヘルメットを購入。これで準備万端! いざ「練習会しませんか!(11月)」に参加してきました!

インラインスケートしませんか!

インラインスケートしませんか!

夫婦で楽しんでます 場所がない、仲間がいない、何から始めたらいいか分からないという初心者及び初級者のみなさん、よろしければご一緒しませんか! コミュニティーでは月に一度、都内の公園で練習会を開催し...

イベント概要

【日時】
2016年11月20日(日)12時00分-16時00分
【場所】
東京広域臨海防災公園(通称 そなエリアパーク)
【アクセス】
東京臨海高速鉄道りんかい線「国際展示場」駅より徒歩4分
ゆりかもめ東京臨海新交通臨海線「有明」駅より徒歩2分
【参加人数】
約13名(うち男性11名・女性2名)

インラインスケート練習会に最適な「そなエリアパーク」で待ち合わせ

主催者の方とお待ち合わせは、イベント会場でもある「そなエリアパーク」。「有明」駅より徒歩2分で、芝生と平らなコントリートが広がる公園でした。

そなエリアパーク

すぐ横に東京ビッグサイト

「ここならのびのびとインラインスケートができそう!」と思いつつ待っていると……

みどりいろさん

イベント主催者のみどりいろさん

イベント主催者のみどりいろさんと、副管理人のnaokokoさんが登場! そしてみどりいろさんのパーカーはみどりです! 初参加の方が迷わないように、イベント開催時はみどりいろのものを身につけているのだそうです。(※1)
naokokoさんはみどりいろさんの奥さまで、いっしょに「練習会」を開催しています。
みどりいろさんとnaokokoさん、本日はよろしくお願いします!

※1:なお、この日はわれわれ以外の初参加者がいなかったため合流後にパーカーを脱がれました。

来たひとからゆる〜く練習会を始める

すべる準備

気楽に行う練習会のため、来た人から準備をして練習を始めるとのこと。
ということで、私は持ってきたインラインスケート専用靴に履き替え、プロテクターとヘルメットをつけてインラインスケート体験へ! 初めて体験するため、みどりいろさんに「立ち方」から教わりました。

みどりいろさんから教わったインラインスケートの立ち方

プロテクター装着

プロテクターをつける

まずプロテクターをつける

手以外のプロテクターをあらかじめつけておきます。(手は専用靴を履く邪魔になるので最後につけます。)

専用靴を履く

専用靴を履く

みどりいろさん・naokokoさんのアドバイスをいただきつつ専用靴を履く

専用靴を履くときはゆるくないようにしっかりと固定する必要があります。
履いたらヘルメットをかぶり、これもゆるくないようにベルトを締めて手のプロテクターも装着!

片ひざ立ち

片ひざ立ち

片ひざ立ちからはじめます

準備が終わったら立つために、まず片ひざ立ちの状態になります。

そして立つ

立てました

初心者でも転ばず立てました

立てたほうのひざに手をつき、そのまま身体を前に傾けて立ち上がります。

初心者がインラインスケートに慣れるには

まず芝生から

芝生の上

芝生の上ではすべれません

最初は荷物用のブルーシートを敷いている芝生のところで靴を履いている感覚に慣れるところから。芝生の上はウィール(※2)が転がらないので初心者でもまっすぐ立つことができます。

※2:インラインスケートの世界では、タイヤのことをウィールと呼びます。

慣れたらアスファルトヘ

すいすい

アスファルトの上ではすいすい進みます

次に、アスファルトに移動して片足に重心を載せてななめにすべってみたり、慣れてきたらひょうたんのように足を動かしてみたりと初心者向けの練習法を教わりました。

下を見ない

前を見る

前を見てすべることが大事。

上達するために意識したいのは、あまり下を見ないこと。「視線は前」を意識すると、バランスが安定します。画像のように下を見てしまうのは初心者にありがちですが、うまくなるためには恐怖心を捨てたほうが良いのだそうです。

このように、初心者が参加すると立ち方から丁寧に教えていただけます。

イベントの楽しみかたは人それぞれ

参加者さんによっても練習する内容はバラバラ。
フィギュアスケート選手のようにステップを踏んだりジャンプしたりする方もいれば、ベルリンで開催されたインラインスケートマラソンの動画を見せながら裏話を聞かせてくださる方もいたり。特殊な滑り方を教えあっている参加者さんもいました。

専用靴についてもいろいろと教えていただけました。構成されるウィールの大きさで色々変わるらしく、慣れている参加者さんは自分で解体して調整を行っていました。
この、ウィールを調整している様子や、さまざまなインラインスケート靴も見学させていただきました!
ウィールの大きさが異なる専用靴とウィールを外した様子

ウィールの大きさが異なる専用靴とウィールを外した様子

写真だとあまり違いがわからないですが、一見すると同じ大きさに見える靴のなかでも「最初と最後のウィールだけミリ単位で小さい」など違いがあるそうです。
直径は走行スタイルによってかわり、小さいものほど小回りの利く競技、大きいものほどスピードが出る競技に向き、初心者はその真ん中を使うのが一般的とされています。

大激論

ひとつの専用靴を中心に大激論を交わす参加者の方々(やらせではないです)

ひとつ専用靴があるとこのように、参加者の方が集まってウィールについてやメーカーについてなど、大激論を交わしていたのが印象的でした。

みどりいろさんの専用靴

みどりいろさんの専用靴はスニーカーに重ねて履くタイプ

ウィールの大きい専用靴だけでなく、ほかにもいろいろな専用靴がありました。たとえばみどりいろさんの専用靴はスニーカーに重ねて履くタイプで、とてもユニークです。これなら、屋外で靴を脱がなくてもインラインスケートができますね。

参加者さんの中には、カメラマンにも声をかけてスケートを教えてくださるかたも!「みんな教えたがり」(みどりいろさん・談)なのだそうです。カメラマンは小学生の頃にスケート経験があったため、本来の調子を思い出すとおもむろに公園を一周するなど、普段はやらない運動を楽しんでいました。

1 2
mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。