mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

【邦画】迷ったらこれ!おすすめの映画ランキングTop5!!

こんにちは、よりミク編集部です。

休日や帰宅後など、ふと時間の空いたとき、みなさんはどのようにお過ごしですか。
急に時間ができると、なにをしようか迷ってしまうという人も多いはず。

そんなときは、お家でまったり映画鑑賞はいかがですか?特に邦画なら、心温まるヒューマンストーリーや繊細な描写を取り入れた作品も多く、普段映画を見ない人でもきっと楽しい時間が過ごせちゃいますよ。

今回はよりミク編集部が10代から50代の男女を対象に「ひとりでも友人や恋人と一緒でも楽しめる邦画」のアンケートを実施し、おすすめの邦画を教えてもらいました。
そのなかから、特に人気の高かった5作品について、支持を集めた理由とともにランキング形式でご紹介します。

【邦画】迷ったらこれ!おすすめの映画ランキングTop5!!

1位:ALWAYS 三丁目の夕日

最も多くの支持を集めたのは、数多くの映画賞も受賞してきた2005年公開の「ALWAYS 三丁目の夕日」でした。翌年には続編が、2012年には3作目が公開されるなど、長く評価され愛されている作品です。

原作は西岸良平さんの漫画『三丁目の夕日』。
昭和30年代の東京の下町、夕日町三丁目に暮らす人々の生活や人間ドラマがあたたかく描かれています。

青森に住む星野六子は、大都会東京での暮らしを夢見て、集団就職で上京してきます。しかし就職先は憧れていた大企業ではなく、小さな下町の工場、夕日町三丁目にある「鈴木オート」でした。
六子は、同じ夕日町三丁目に住む売れない作家の茶川竜之介に預けられた古行淳之介とともに、竜之介の経営する駄菓子屋「茶川商店」で一緒に暮らし始めます。

  • test_face00240代
    男性

    高度成長期特有の「明日はもっと良い日になる」という明るい時代の中で展開される人情話がとても暖かく、自然と涙が出る映画です。

  • test_face00230代
    女性

    どこか懐かしく、心温まる作品です。実の子じゃなくても、子を想う親の気持ちや子供への愛が感じられて心穏やかになれます。

古き良き時代の日本を感じさせてくれる、そんな心温まる魅力が多くの人に支持されている理由のようです。

2位:世界の中心で、愛をさけぶ

1位に迫る勢いで人気を集めていたのが、大沢たかおさんと柴咲コウさん主演、2004年公開のこの映画です。
原作の小説は大ベストセラーとなり、ドラマ化もされた本作品は「セカチュー」の愛称でも親しまれていましたよね。

  • test_face00220代
    女性

    本当の恋愛とは何なのか考えさせられ、自分も誰かを一途に思いたいと思わせてくれます。

  • test_face00220代
    女性

    とにかく泣けます!昔見たのにまだ覚えています。実際にありえる事なので色々考えさせられました。

松本朔太郎が婚約者の藤村律子と引っ越しの準備をしていると、律子は朔太郎の荷物が入ったダンボールのなかからあるカセットテープを見つけます。そのテープから流れてきたのは、朔太郎の初恋の相手である廣瀬亜紀の声でした。

高校時代、朔太郎と亜紀は徐々に惹かれていき、恋人関係になりました。最初は幸せな日々を送っていたふたりでしたが、3年後、亜紀が白血病であることが発覚します。

涙なしでは見れない、感動のラブストーリーです。

3位:おくりびと

国内外で映画賞を受賞している、2008年公開の高い評価を得ている作品です。

「死」という誰にでも起こりうる最期の時に立ち会う納棺師という職業をテーマに、おくりびと(納棺師)として働く主人公の葛藤や成長を描いています。

  • test_face00240代
    女性

    静かなストーリーですが、誰もが経験する事柄が主人公の職業を通して淡々と描かれていて感動します。

  • test_face00250代
    女性

    人の最後をそれぞれの立場でおくろうとするその姿にとても心を打たれました。

生きることと死ぬこと、そして家族の絆や愛する人との別れについて、深く考えさせられる作品です。

4位:舟を編む

原作は三浦しをんさんの小説で、2012年に松田龍平さんと宮崎あおいさんが主演で映画化されました。日本アカデミー賞最優秀作品賞も受賞しています。

1995年、大手出版社の玄武書房辞書編集部では、中型国語辞典『大渡海』の編集を進めていました。

『大渡海』を企画した荒木公平が定年退職することになり、その後継者として営業部で変人扱いされていた馬締光也がやってきます。
馬締は個性豊かな編集部の仲間とともに、言葉の海を渡る舟である辞書を完成させるため、舟を編む(辞書を編集する)作業に没頭していきます。

  • test_face00220代
    女性

    仕事にひたむきな主人公とその仲間たち。団結して大仕事を成し遂げる姿にあこがれます。

真摯に仕事と向き合う人々の姿や日本語の美しさに魅了される作品です。

5位:シン・ゴジラ

2016年に公開され、日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む最多7冠を獲得した話題の作品です。
ゴジラをテーマにした作品はアニメから映画まで数多く生み出されてきました。しかしこの作品には、これまでのものとは一味違う、特撮映画では括れない魅力があるようです。

  • test_face00230代
    女性

    考えさせられることが多く、日本人ならば一度は観ておくべき作品だと思いました。

ゴジラがやって来るということに留まらない、核や原発問題、機能しない組織や人間のエゴなど、様々なテーマが交錯した奥深い作品になっています。

もう一度見たくなる、感想を誰かと共有したくなる、そんな人を惹きつける魅力のある一作です。

【邦画】のある生活を

洋画もいいですが、邦画には繊細さ事細かな描写、あたたかいヒューマンドラマなど特有の魅力があって素敵ですよね。
どれもDVD化されている作品なので、ぜひお家でゆっくり鑑賞してみてください。

映画を鑑賞した後はその感想を誰かと共有したくなりますよね。
そんなときは、mixiのコミュニティを覗いてみてください。
きっと映画好きの仲間が見つかって、あなたの感想に素敵なコメントをくれるはずです。

「邦画」のコミュニティを探す

アンケート調査:よりミク編集部
調査日:2017年3月13日

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。