mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

100人以上のカラオケ好きが集まるカラオケオフ会を取材!「カラバカ」の楽しさとは?

こんにちは、よりミク編集部のwadaです。

毎週、100人以上が集まるカラオケオフ会が開催されているのを知っていますか?

今回は「カラオケは友達や家族と行くもの」という固定概念を覆す、大規模なカラオケオフ会「カラバカ」にお邪魔して、その模様をお伝えしたいと思います。

100人以上のカラオケ好きが集まるカラオケオフ会を取材!「カラバカ」の楽しさとは?

カラオケオフ会の取材先は「カラバカ」

取材するイベントは(最終200名) 7/10日曜新宿カラオケオフ会「カラバカ」第205回★Mixi公式取材アリ★☆大好評バラードライブ&プロフライブ☆招待割引+チェック割。イベントの主催者でカラバカコミュニティを管理しているOkKaさんの許可を得て取材することになりました。

OkKaさん

主催者のOkKaさん。コスプレをするため髪と眉毛は剃っているそうです。

イベント内容

【日時】2016年7月10日(日) 12:30~19:00
【場所】新宿歌舞伎町
【参加数】200名(当日急遽参加された方は約50名)
【参加費】1500円(一次会)
【イベント】一次会 12時30分 ~
      二次会 19時00分~

初参加者への配慮も カラバカ7つの工夫

カラバカは2007年頃から始まり、現在まで300回近くのカラオケオフ会が開催されてきました。その経験から初参加の人から常連さんまで楽しく過ごしてもらうために運営には多くの工夫がされています。

まずはその中でも特徴的な工夫を7つ紹介したいと思います。

7つの工夫

  1. 部屋割りシステム
  2. 名札(色)
  3. 名札(裏面)
  4. 参加者の管理
  5. フロアの案内
  6. 初参加者と常連の割合
  7. 初参加者への配慮

1.部屋割りシステム

「バラード部屋」「アニソン部屋」といった、歌のジャンルやアーティストごとに部屋を分ける「部屋割りシステム」があり、好きな歌を好きなだけ歌うことができるようになっています。

部屋の看板

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    カラバカが立ち上がる前のカラオケオフ会には、歌うジャンルを決める「部屋割りシステム」がなかったので何の歌を歌えばいいかわからず、曲を流しても盛り上がらないということがありました。

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    そこでカラバカを立ち上げた当初は、バラード部屋、ワイワイ部屋、ガンガン部屋の3つを作って、ノリが違って盛り上がらないといった問題を解決することができました。

2.名札(表面)

受付で配られる名札には4色あり、通常は白、スタッフは赤、常連はピンクや青、初参加の方には初心者マークなどがついています。

名札(表面)

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    色分けすることで「困ったことがあれば赤い名札を探す」「初心者マークがあるから話しかけてみよう」といった使い方ができるので便利です。

3.名札(裏面)

名札の裏側には開催される部屋や機種名を書いて「どこで何が歌えるのか」分かりやすくしています。

名札(裏面)

別の部屋に移動したくなった時に便利な案内表。

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    困ったことがあれば幹事に連絡できるように、電話番号も記載しています。

4.参加者の管理

参加者をリスト化して出欠状況などの確認に使い、少ない人数でカラオケオフ会を運営できるようにしています。

参加者リスト

5.フロアの案内

移動先の貸切のフロアには案内があり、受付や禁煙部屋がわかるようにしています。

フロア案内

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    私がタバコ苦手なので、歌う部屋は禁煙にしています。喫煙者がタバコを吸うときは喫煙部屋に移動してもらっています。

6.初参加者と常連の割合

カラバカが何年も続くように初参加と常連の割合にも気を使っています。

常連と初参加の割合

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    経験上、7対3(7割が常連で3割が初参加)の割合だとバランスが良いと感じています。

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    3割という数字は重要で、初参加が5割になると(初参加者の)次回以降の参加が減り、初参加の割合が1割になると身内のノリが強くなりオフ会が衰退していくので注意しています。

7.初参加者への配慮

初参加者が話しやすい場も用意しています。

初参加者への配慮

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    身内の輪は初参加の壁になるので、初心者部屋、ぼっち部屋といった初参加、一人参加向けの部屋を作って楽しめるようにしています。

  • OkKaさん
    OkKa
    さん

    また早く馴染めるようにスタッフも初参加者や1人で参加されている人に話しかけるようにしています。

1 2 3
mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。