mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

五輪種目「ケイリン」との違いって?初心者のための、「競輪」講座

こんにちは、よりミク編集部です。

来たる2020年。半世紀以上を経て東京にやってくる聖火に、今から胸を躍らせている方も多いことでしょう。

ところでみなさんは、柔道や空手以外に、日本発祥で五輪の種目として採用されているスポーツをご存知ですか?その名は、「ケイリン」。

「競輪」は知っていても、「ケイリン」は知らないという方も多いかもしれませんね。しかし、実は少し違います。この記事では、競輪初心者のために、競輪の基本的なルールから、「競輪」と「ケイリン」の違いまで解説していきます。

五輪種目「ケイリン」との違いって?初心者のための、「競輪」講座

空気抵抗が勝敗を左右する!競輪ってどんなスポーツ?

公営競技「競輪」とオリンピック種目「ケイリン」のふたつの顔を持っている競輪。まずは、前者の「競輪」について説明します。

競輪の概要

競輪は、6〜9人の選手で2000m程度の距離を自転車で走り、その着順を競う競技です。「着順」を競うといっても、競輪のレースにおいて選手たちが全力疾走するのはわずかラスト400mほど。2000mをスタートからゴールまで全力で走るわけではありません。その理由は、レース中に選手たちが受ける空気抵抗に関係しています。

空気抵抗が選手に与える影響は?

競輪における選手の最高速度は、時速60〜70km程度と、かなりのハイスピード。ゆえに、空気抵抗の大きさがレースに大きな影響を与えます。同じ速度で走っていても、先頭で走る場合とほかの選手の後ろについて走る場合とでは、受ける空気抵抗の大きさの差は歴然。受ける空気抵抗が大きいほど、選手は体力を消耗してしまいます。選手からしてみれば、受ける空気抵抗は最小にしたいところ。そのため、どの選手もレース終盤までは先頭を走りたくないのです。

そこで、競輪には「先頭固定競争」制度が導入されるようになりました。この制度は、誘導員が先頭を走り、選手を先導するというもの。残りの距離が600メートルになると、鐘が鳴らされ、それを合図に誘導員は列から離れます。そこからがいよいよ本当の勝負。それまで誘導員の後ろを一列になって追いかけていた選手たちは、お互いの出方をうかがいながら、一気に速度を上げていきます。

勝利の鍵は駆け引き!レース中に行われる「位置取り」とは?

誘導員が離れた後に始まるのが位置の取り合い。選手たちは3人程度で「ライン」と呼ばれる隊列を組み、自分のラインが有利な位置でゴール近くまでいけるように、ほかのラインと位置取り合戦をします。ラインは所属地域が近い選手同士で組まれるのが一般的です。

位置取りの際、選手同士のぶつかり合いや接触が起きることもありますが、これは「ブロック」と呼ばれ、ぶつかった相手が落車しない範囲で認められています。

そして、ゴール手前の最後の直線。この段階になると、全選手が全速力でゴールを目指します。先頭の選手がそのまま逃げ切る場合もあれば、後方で走り続けて体力を温存していた選手が、疲れ切った先頭の選手をゴール直前で抜いて勝利することも。

競輪の魅力は、このように単なるスピード勝負のスポーツではないところ。レースに勝つためには、スピードだけではなく、駆け引きや戦略が重要になってきます。走る位置、体力の配分、勝負に出るタイミング。各選手の思惑が複雑に絡み合って、レースは展開されるのです。

6種類のレースと選手が属する6つの階級

競輪のレースは6種類あり、上からGP、G1、G2、G3、F1、F2と6つのグレードに分かれています。レースのグレードと比例して上がるのが優勝賞金の額。最高位のGPにおいては、優勝賞金は1億円にもなります。

階級制になっているのは、レースだけではありません。選手もS級S班をトップに、S級1班、S級2班、A級1班、A級2班、A級3班の6つのクラスに分けられています。属するクラスが上がるということは、賞金がより高額な高位グレードの試合に出られるようになるということ。クラスは日々の戦績によって決定されるので、選手たちは日々上位のクラスへの昇級を目標に、レースに臨んでいます。

競輪は非常にシビアな世界。戦績が悪ければ、降級や選手登録名簿からの削除もありえます。残酷な制度のようにも思えますが、この制度があることで競輪のレースはひと試合ひと試合が迫力あるものになっているのです。

競輪よりもエキサイティング?!オリンピックの正式種目「ケイリン」

公営競技の「競輪」と区別するために、カタカナで表記される「ケイリン」。男子は2000年のシドニー五輪から、女子は2012年のロンドン五輪から採用されています。2008年の北京五輪では男子の永井清史選手が銅メダルを獲得しました。

ケイリンは、1組5〜8名の選手が2000mの距離を走り、その着順を競います。競輪と同様に選手同士の駆け引きが盛んにおこなわれるため、勝敗を決めるのはタイムではなく着順。各組の着順上位者が次の試合へと勝ち進みます。

また、先頭を誘導員が走るのも競輪と同じ。ですが、競輪の誘導員が自転車で走るのに対して、ケイリンの誘導員はオートバイで選手を先導します。

競輪とケイリンの間には大きな違いが2つ。ひとつめは、競輪では認められている「ブロック」行為が、ケイリンでは禁止されていること。ふたつめは、競輪では見どころのひとつとなっている「ライン」の隊列がケイリンでは見られないこと。これらの理由により、選手同士のけん制の機会が減り、ケイリンはよりスピードが重視されるエキサイティングなレース展開になるのです。

まとめ

選手の頭脳と体力がぶつかり合う競輪では、思わず息を飲んでしまうようなスリリングなレース展開も珍しくありません。競輪は、臨場感が醍醐味のスポーツ。テレビやイン
ターネット中継もありますが、ぜひ実際にレース会場に足を運んでみてください。

また、2020年には、ぜひケイリンのチケットを取り、自転車にその身を預けた選手たちの躍動をその目で確かめてみてください。

「競輪」のコミュニティを探す

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。