mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

夏休みは国宝天守のお城を攻略しよう!【旅情報】

松江城の天守が国宝指定されて、1年になります。ところで、天守が国宝に指定されているお城は、いくつあるかご存知ですか? 実は、姫路城、彦根城、犬山城、松本城、松江城のわずか5つだけ。いずれの城の天守も江戸時代初期までに建設され、現在まで保存されています。どのお城も、アクセスが容易な美しい観光名所として、連日大勢の人々が訪れています。
夏休みには、国宝天守のお城を見に行ってみませんか? 今回は、5つのお城それぞれのおすすめポイントを紹介します。

夏休みは国宝天守のお城を攻略しよう!【旅情報】

■姫路城

姫路城

姫路城は、日本で初めての世界遺産でもあります。シラサギが羽を広げたような姿から「白鷺城」とも呼ばれ親しまれています。姫路城の大天守は保存修理工事(平成の修理)が完了し、2015年3月27日にグランドオープンしました。塗りたての漆喰で「化粧直し」された姫路城は、まばゆいほどに白く優美な姿が印象的です。漆喰は、カビや汚れで少しずつ黒ずんでしまいます。屋根まで真っ白な姫路城を見に行くならば、今かもしれません。日差しが眩しい夏にこそ、この「純白の衝撃」を目に焼き付けてみてはいかがでしょうか。
ちなみに、筆者が真夏に姫路城を訪ねたとき、気温は37度。友人が熱中症になってしまいました。あまりの暑さに、城内の自動販売機のペットボトルも売り切れ。売店は飲み物を冷やすのに大忙し…といった具合でした。真夏の近畿地方は、非常に暑いです。くれぐれも熱中症対策を忘れずに。

■彦根城

彦根城

滋賀県彦根市にある彦根城。別名は「金亀(こんき)城」と言い、江戸時代初期に井伊氏の拠点として置かれた城です。天守からは琵琶湖が眺望できます。
彦根城といえば、ゆるキャラブームの火付け役とも言われる「ひこにゃん」。ひこにゃんは、定時に天守前広場や彦根城博物館にあらわれます。「生のひこにゃんに会いたい!」という人は、登場スケジュールと場所を事前に確認して、お城を見学してくださいね。

「ひこにゃん公式サイト」はこちら

城下町のお店にも、いたるところにひこにゃんグッズが。あまりの可愛さゆえに財布の紐がゆるみ、グッズを買いすぎてしまうことも…?
筆者のイチオシは、庭園「玄宮園」から見る彦根城です。「玄宮園」は彦根の藩主が整備していた大名庭園で、国の名勝にも指定されています。中心の池には、周囲の自然が映りこみ、四季折々の風情を楽しめます。代々の彦根藩主たちも、庭園から城を眺めていたのかもしれませんね。

■犬山城

犬山城

愛知県犬山市にあるお城で、信長の叔父である織田信康によって創建されました。別名は「白帝城」とも言われ、江戸時代の儒学者である荻生徂徠が命名したと伝えられています。「城マニア」で知られるロンドンブーツ1号2号の田村淳さんの「好きなお城1位」なのだとか。
犬山城は天守までの階段が狭く、手すりにつかまりながらでないと危険なほどの急勾配です。また、城内は薄暗いので、足元と頭上にも気を付けてくださいね。
小高い山の上に建てられており、天守最上階からは木曽川と濃尾平野を一望できます。ぜひ、殿様になった気分で眺めてみてください。

■松本城

松本城

黒塗りでスタイリッシュな佇まいの松本城。松本城と呼ばれる以前は「深志城」と呼ばれていました。「烏(からす)城」の呼び名も広まっていますが、こちらは史料上の表記ではないようです。からすの羽のように真っ黒な姿から、そのような愛称がついたのでしょう。
お城の周辺は公園として整備されており、周辺の山並みも相まって、季節ごとに異なる景色を楽しめます。どの季節に行っても、きっと美しいお城写真が撮影できることでしょう。旅が終わるころには、別の季節にも観に行きたいなぁ…と思える城です。カメラを持参するのを、絶対に忘れないでくださいね!
なお筆者は、肝心のカメラを忘れてしまい、泣く泣くガラケーで撮影。親に見せたところ、画質が低かったせいかパンフレットを撮ったと勘違いされた苦い思い出があります。

■松江城

松江城
2015年7月に国宝指定されたばかりのお城です。ちなみに、天守が新たに国宝に認定されたのは、1952年(昭和27年)の松本城・犬山城・彦根城以来、63年ぶりのことでした。
松江城の天守に入ると、板でつぎはぎして鎹(かすがい)などで留めてある柱がたくさんあります。この見慣れない形の柱は、柱の周囲を補強する「包板(つつみいた)」と呼ばれる技法によるもの。周りに板を重ねて使用することにより、割れた不良材や短い柱も強度が高まるのだそうです。
松江の観光名物である小船(遊覧船)でお堀めぐりができ、船頭さんが見所を教えてくれます。なお筆者が行った日は、台風で大雨のため、残念ながら運行中止でした。台風シーズンの旅行は難しいですね。

国宝天守のお城、観光の服装は

大阪城や名古屋城などエレベーターで天守まで上れる城は問題ありませんが、国宝天守の城観光では服装にも気を配りましょう。天守は、昔のまま。つまり、傾斜が急な階段を上り下りしなくてはなりません。
女性の服装は、パンツスタイルで! スカートで登城するのは絶対に避けましょう。ミニスカートはもちろん、ロングスカートも裾を踏んでしまう怖れがあります。薄暗い城内も多いです。足元を気にしつつ頭上を気にするのは、非常に難しいです。
城内では、靴をビニール袋に入れて持ち歩くことが多いです。ブーツなどかさばる靴や脱ぎにくい靴はやめましょう。
手すりに掴まらないと危険な階段が多いため、リュックのような両手を自由にできるカバンがおすすめ。また、夏場の観光であれば、陽射し対策に帽子があるといいでしょう。
楽しいお城めぐりのために、服装にも気を配りたいですね。

お城めぐり仲間をつくろう

mixi内にも、お城について語り合うコミュニティがあります。

お城めぐりしよう!

お城めぐりしよう!

旅行したらつい旅先でお城にいってませんか? 苔むした石垣や土塁にロマンを感じませんか? ここでは超メジャーな日本の城から、ドマイナーな 城跡まで現地での写真を交えて情報交換したり いろんな...

「お城めぐりしよう!」コミュニティの参加者は24000人強。石垣のこと、堀のこと、熊本城の復興状態など、お城に関する話題で日々盛り上がっています。
みんなで選ぶ「好きなお城ランキング」は、参加者が投票した結果を毎年発表しています。次はどこのお城に行こうかな~と迷った際に、参考にしてみてくださいね。
また、コミュニティでは、お城見学ツアーなど、城好きの集まるオフ会が開催されています。

お城めぐりしよう!のイベント一覧(1ページ目) | mixiコミュニティ

お城めぐりしよう!のイベント一覧(1ページ目) | mixiコミュニティ

mixiコミュニティ「お城めぐりしよう!」のイベント一覧です。最新のイベントは「【降雪中止】【2016/11/…」「【雨天中止】【2016/10/…」「【雨天中止!】【2016/07…」「【2016/06/18】 川越…」です。

お城について勉強中という人も、全国各地のマイナーな城跡が大好きだという人も、城好きな仲間を見つけてみませんか?

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。