mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

【休日にやることがない】20代の社会人男子がやっていて損のない5つのこと

こんにちは、よりミク編集部です。

たまの休日、のんびり寝て過ごすのは最高ですよね。でも、どうせなら何か仕事の役に立つことや、20代のうちに自分のスキルアップに繋がるようなことをしたい! と考えている人も多いはず。

今回は、休日にやることがないという20代男子のために、社会人が覚えておいて損しない“5つ”のことをご紹介します。

【休日にやることがない】20代の社会人男子がやっていて損のない5つのこと

1.新しい趣味が見つかる!美術館・博物館に足を運ぶ

そもそも趣味がないという人にイチオシなのが、美術館や博物館に足を運んでみること。なんだかハードルが高い…と思うかもしれませんが、最近は、大河ドラマやアニメにちなんだ展覧会や、見る人が作品に触れたり動かしたりして楽しめる参加型展示も数多く開催されています。

最初は何から見ればいいのかよく分からなくても、数回足を運べば、自分の好きなジャンルや興味のある分野がなんとなく見えてくるもの。展示品の背景にある歴史や思想を知れれば、より面白く鑑賞することができます。

最近は、夜遅くまで開館している美術館も増えました。休日にやることがないという方は、まずはお出かけ帰りに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

「美術館」のイベントを探す

2.体調管理にも◎ ランニングやジムで体を動かす

学生時代には部活や授業で体を動かしていたけれど、社会人になって運動する機会が減ってしまった…という人は、軽い運動を休日の習慣にしてみましょう。
特に、ランニングやウォーキングは道具なしで手軽に始められます。人と競い合うこともなく自分のペースを守れるので、ひとりで始められる趣味がほしい人にはうってつけです。

「ランニング」のイベントを探す

逆に、どうせならワイワイ運動を楽しみたい! という人には、初心者でも楽しめるフットサルなどがオススメ。最近は、初心者が集まるフットサル大会や、フットサルのあとに飲み会やカラオケまで楽しめるオフ会も、mixi内で盛り上がっています。

「フットサル」のイベントを探す

3.スマホだけじゃもったいない!カメラを使えるようになる

スマートフォンで簡単にオシャレな写真が撮れてしまう今だからこそ、あえてカメラを始めてみる、というのも手です。

一眼レフ、ミラーレスなど本格的なカメラは高いイメージが強いかもしれませんが、中古やオークションなどを使えば4~5万円で機材一式が手に入ることも。カメラを持つと写真を撮りに出かける機会が増えるので、実は出不精の人にもオススメの趣味です。

撮った写真は、せっかくなのでSNSにアップしてみましょう。最初は恥ずかしいかもしれませんが、見てくれる相手がいる方が上達は早くなります。カメラ友達も、mixiやtwitterなどのSNSを利用すればあっという間に増えますよ!

「撮影会」のイベントを探す

ちなみに、mixiの「写真と散歩が好き」コミュニティでは、動物園やイルミネーションなどを撮りに行くイベントを不定期開催しています。

4.デキる男の必須スキル!料理を覚える

自炊が面倒で外食ばかりしている…という方にオススメなのが、料理を覚えること。2014年、独身の20代男女を対象に行われたあるアンケート(※)によると、普段、自炊することが「ほとんどない」20代男性は、なんと7割以上だそう。まだまだ、日常的に料理をする男子は少ないことが分かります。

料理がササッと作れれば、食費の節約になるだけでなく、友人や同僚に振る舞って楽しむこともできます。料理を覚えるには、やはり料理教室に通うのが一番。最近は男性限定のレッスンを開催している教室もあるので、休日にやることがないという方は一度、足を運んでみては?

※農林中央金庫『第2回 現代の独身20代の食生活・食の安全への意識

「料理教室」のイベントを探す

まずは早起きから! 休日にも充実した時間を

今回ご紹介した趣味を実践するには、まずは休日でも早起きをすることが大事。お休みの日の前日も、飲み会は決めた時間にスマートに切り上げるのがオトナです。「休日にやることがない…」と悩んでいた方も、趣味を充実させて、素敵な社会人ライフを送りましょう!

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。