mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

夏フェス初参戦女子が200%楽しむための4つのポイント

こんにちは、よりミク編集部です。
フジロック、ロッキン、サマソニ……。夏フェスに胸を踊らせる皆さん、すでに準備は万端ですか?

しかし、何度もフェスに通っているベテラン勢ならまだしも、初参戦の、とくに女子の皆さんには、フェスはなかなかハードルが高く感じられるかもしれません。

「服装はどうすればいい?」「暑さで倒れるかも……」。そんな不安を払拭するため、今回は初参戦の女子でもフェスを思いっきり楽しむための基本事項を紹介します。

夏フェス初参戦女子が200%楽しむための4つのポイント

1.服装について知ろう

毎年多くの人が参加する熱狂的な空間、フェスに参加するには大事なポイントがあります。まず大切なのは服装。「せっかくのイベント、可愛いヒールにお気に入りのワンピースで!」と考える人もいるかもしれませんが、フェスで最も大切なのは身軽さです。

飛んだり跳ねたりすることが多いため、動きやすく汚れてもいい服装がベスト。トップスはTシャツ、ボトムスはショートパンツやキュロットなどがおすすめです。
靴は歩きやすいスニーカーがいいでしょう。ヒールやパンプスのように足への負担が大きいものや、サンダルのように脱げやすいものはフェスには不向きです。

山の中で開催されることが多いので、虫に刺されないようレギンスを履くのもいいでしょう。パンツスタイルがおすすめですが、汗を大量にかくので丈が短いものや風通しのいいものを。
また、日差しが強いので帽子や紫外線を防げるUVカットパーカー、日焼け止めは必須アイテムです。

トイレは大混雑が予想されるので、メイクは汗で崩れないようナチュラルかつウォータープルーフにすると化粧直しの手間が抑えられます。

ヘアスタイルは、ダウンスタイルや高い位置で結んだヘアスタイルは周りの人に迷惑になってしまうので、低い位置でまとめましょう。快適な服装を心がけて思う存分フェスを楽しんでください。

2.持ち物について知ろう

音楽に乗って思い切り盛り上がるためには、リュックやウエストポーチなど両手が空くものが便利。持ち物が汚れてしまうこともあるので、お気に入りのブランドバックは避けましょう。
主な持ち物は、チケット、お財布、スマホ、マフラータオル、着替えなど。
昼間は汗をたくさんかくので、事前に着替えを2、3セット用意するのがおすすめです。会場で買った公式Tシャツに着替えてもいいですね。

人が多いので、持ち物は極力コンパクトにまとめましょう。「どうしても荷物がかさばってしまう」という方は、事前に荷物を預けられるクロークが会場に設置されているかを確認してみましょう。重たい荷物を持ち歩かずに済むので、疲れにくくおすすめです。

ただ、クロークが会場から大きく離れていることもあるので、何を持っていくか優先順位をつけておくことも忘れずに。

会場が山の中にある場合、天気は変わりやすく寒暖の差は大きいものとなります。夜間はグッと冷え込むので温かい服が必要です。
また、雨が降った時のために、レインブーツやレインコートを持っていきましょう。ただし、傘は危険なので持ち込みはおすすめできません。

備えあれば患いなし。しっかり準備してフェスに臨みましょう。

3.食事について知ろう

真夏におこなわれるフェスでは大量に汗をかくので、熱中症対策が必須です。最後まで楽しめるよう、無理はせず水分補給をしっかりとしましょう。

また、塩分の補給ができるお菓子を持っているとより安心です。飲食品の持ち込みに関しての制限は会場によりまちまちですが、ビン・缶など怪我の危険が伴うものは持ち込み禁止となっているところがほとんど。

飲食物に関する制限はあまり多くありませんが、フェスに出店している飲食店で購入できる「フェス飯」を楽しむのがおすすめ。出店店舗は厳しい審査をクリアして出店していますし、数も多いので、おいしいご飯が選び放題です。

ご飯どきには大混雑が予想されるので、事前に100円玉や1000円札などを多めに用意していると受け渡しがスムーズになるので忘れずに用意していきましょう。
また、ウェットティッシュを持っていると食事の前後や、手が汚れてしまったときに大活躍です。

音楽だけでなくおいしいフェス飯を食べて、とことんフェスを満喫しましょう。

4見方について知ろう

真夏のフェスは体力勝負。汗は滝のように吹き出しますし、ゆっくりと休めるスペースは限られています。絶対に無理はせずに休憩を取りつつ、演奏に備えましょう。
タイムテーブルが決まっているので、事前に見たいアーティストをチェックしておくと休憩をとるタイミングが決めやすくなります。

もし見たいアーティストが友人と異なっていたら、別々にみるのも手です。ただ、とても人が多く合流するのが難しいので、スマホは手放さずいつでも連絡が取れるようにモバイルバッテリーを持っていると安心。

フェス中に注意してほしいのは、ヘビメタやパンク、ロックなど激しい曲調の時に起こるモッシュ。
ライブ中に起こる激しい押しくらまんじゅうのことで、最前列中央付近から中間にかけて発生しやすくなっています。人と人が激しくぶつかるので、巻き込まれると危険です。そのため、禁止している会場が多いですが、発生することもしばしば。

モッシュを避けるためには中央より後方で見ましょう。また、ライブが始まると熱狂している人々が一気に前へ押し寄せたとき、つられて前に行ってしまうと巻き込まれることも。

もし巻き込まれたときは無理に抜け出そうとせず、周りの動きに合わせながら少しずつ外側へ移動しましょう。安全に楽しむため、モッシュには十分注意してください。

まとめ

これでフェスに向けての準備は万端!

もしひとりで行く気になれず、誘う友達もいなければ、mixiのコミュニティで仲間を募ってもいいですね。今年の夏こそは、フェスデビューしちゃいましょう!

「フェス」のコミュニティを探す

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。