mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

雨の日でも自転車に乗りたい人は見ておきたい、雨天時の運転のポイント

こんにちは、よりミク編集部です。

日頃から自転車通勤や生活の足として自転車を利用している人も多いことでしょう。自転車はとても便利な乗り物ですが、大変なのが雨の日。雨天時の運転は晴天時と比べて危険度がぐっと高まります。そのため、できれば雨の日の自転車は避けたいところです。

とはいえ、通勤や通学などで、どうしても雨天時に自転車に乗らなければいけない人もいるでしょう。そこで、この記事では雨の日の自転車運転のリスクと対策を紹介します。

雨の日でも自転車に乗りたい人は見ておきたい、雨天時の運転のポイント

命の危険も!雨天時の自転車運転3つのリスク

雨の日は晴れている時と違ってさまざまなリスクがあります。怪我や事故を起こしてしまってからでは手遅れです。雨天時に自転車運転する危険性をよく確認しておきましょう!

1.視界が悪い

雨の日は雨が顔に当たって、目を開けているのも辛くなります。とくに眼鏡をかけている人は雨粒がレンズに付いて何も見えなくなってしまうことも。普段眼鏡をかけている人は、雨の日の運転の際はコンタクトレンズを準備しておくとよいでしょう。

また、自転車運転していると、自分だけでなく歩行者や車を運転している人も当然視界が悪くなっています。雨の日は、晴れや曇りの日以上に周りをよく確認しましょう。

2.スリップしやすい

雨が降ると、当然ながら路面が濡れているためスリップして転倒してしまうことも。とくに側溝の蓋やマンホール、道路の白線や横断歩道などアスファルト以外の部分は滑りやすくなっているので注意が必要です。

また、濡れている路面上でブレーキをかけたときやカーブで体を傾けたときなどもスリップして転びやすくなります。スピードを抑え、スリップ・転倒に十分気をつけましょう。

3.ブレーキが効きにくい

雨の日はブレーキの効きが悪くなります。そのため、ブレーキをかけても予想していたところで止まらず、ヒヤッとした……という経験がある人も多いのではないでしょうか?雨天時は停止位置に近づいてきたら、いつもより早めに、ブレーキは数回に分けてかけるようにして事故防止に努めましょう。

また、雨の日はブレーキパッドの減りも早くなります。自転車に乗る前にブレーキレバーを握ってブレーキのかかりを確認しておきましょう。ブレーキのかかりが少しでも悪い場合は、近くの自転車屋さんに見てもらうようにしてくださいね。

事故を防ぐために心得ておきたい、4つの対策

1.ライトを付ける

雨の日は、曇り空の影響で暗くなりますので、相手に自分の存在を知らせるためにもライトを点けて運転しましょう。雨天時も運転するのであれば、防水・防滴仕様のライトなら安心して使うことができますよ。

また、通勤通学などで夜道も運転するのであれば、明るめのライトを選びましょう。ライトの明るさは「カンデラ」「ルーメン」という単位で表されますが、街灯がない夜道では最低2000カンデラ、もしくは100ルーメンは欲しいところです。

2.濡れないように雨具を準備する

雨の日の自転車運転には雨具が欠かせません。雨具にはレインスーツ、レインコート、レインポンチョ……と選択肢が多いですが、なかでも初めて雨具を購入する予定の人におすすめなのが「レインポンチョ」です。

レインポンチョは脱ぎ着が楽で濡れにくいのが特徴で、リュックの上からでもかんたんに被れるため、突然の雨でも即座に対応できますよ!

しかし一方で、足元が濡れやすいという欠点があります。そのため長時間運転する予定の人や、パンツを絶対濡らしたくないという人は上下に分かれて動きやすいセパレートタイプのレインスーツを選ぶと良いでしょう。

3.傘さし運転は絶対しない!

いうまでもないことですが、傘差し運転は絶対にしないようにしましょう。道路交通法に違反するばかりでなく、とても危険です。傘さし運転は片手運転のため、バランスがとりにくく、ブレーキも片方しか効かせられません。また、傘によって視界が狭まるため、歩行者や車に気付くのが遅れてしまいます。事故を防ぐためにも、傘差し運転は厳禁です。

4.余裕を持つ。自転車に乗らないという選択肢も

雨の日は時間に余裕を持って行動しましょう。心に余裕がないと視界も狭くなりがち。余裕があると周りがよく見えるようになり、転倒や衝突事故などのリスクを減らせます。いつもより早めに家を出るようにしてくださいね。

また、雨の日は無理をせずに公共交通機関を使ってみても良いのではないでしょうか。

まとめ

この記事では、雨の日のリスクと自転車運転のポイントを紹介しました。雨の日でも自転車を使う方は、日頃から雨具の準備と自転車のメンテナンスを怠らず、時間に余裕を持って安全運転するようにしましょう!

自転車のメンテナンスについて知りたい!という人はmixiの「自転車」コミュニティを覗いてみませんか?自転車に詳しい人に質問できたり、コミュニティでの交流を通して自転車友達ができたりしますよ。

「自転車」のコミュニティを探す

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。