mixiのコミュニティやオフ会・イベントを紹介する「よりミク」

最終更新 /

mixiのコミュニティやイベントを紹介しています。

東京街歩き&都電貸し切り!都内の隠れた名所を散歩する「東京再発見」

こんにちは、よりミク編集部です。

コミュニティ担当から「街をみんなでぶらぶら歩きながら楽しむ『街歩き系コミュニティ』が結構盛り上がってますよ」との話が。
確かに最近TVでも「ブラタモリ」や「モヤさま」など街歩き番組が人気になっていますね。

東京街歩き&都電貸し切り!都内の隠れた名所を散歩する「東京再発見」

「東京再発見」のイベント概要

そこで街中を散歩する『街歩き系イベント』を探していたところ面白そうなイベント「貸切都電と早稲田&南千住ショート散歩」を発見。

詳しく調べてみると「東京再発見」という街歩き系コミュニティで、主催には「NPO法人東京を再発見する会」との記載が。

詳細を見ると、都電荒川線を一両貸し切って早稲田駅から三ノ輪橋駅までの全区間を走行するとのこと。そして出発場所の早稲田駅と、到着する三ノ輪橋駅周辺を街歩きする企画とのことで、両駅周辺に詳しくなく、何より都電に乗ったことがない私は早速主催者に取材連絡!!

するとすぐ「構いませんよ、是非お越し下さい!」とのお言葉を頂き、いざ参加!!

イベント内容

【日時】2015年12月6日(日) 11:00~17:00
【場所】早稲田、南千住周辺
【参加数】約50名
【参加費】600円
【イベント】第1部 早稲田まちあるき  11時00分 ~
      第2部 貸切都電      13時50分~
      第3部 南千住まちあるき  15時00分~

集合、早稲田の街歩き開始!!

10時45分に都電早稲田駅に集合。すでにたくさんの人が!

都電早稲田駅前に集合

主催の「NPO法人東京を再発見する会」の旗があり、初参加の私もすぐに分かりました。

東京再発見の旗

そして今回の主催者へご挨拶!写真右のサングラスを掛けた人物こそ「NPO法人東京を再発見する会」理事長の兒玉(こだま)さん!サングラス、怪しいですよ(笑)

お隣が理事のロンさん。あと1名が前日の忘年会の影響で遅刻とのこと・・。
お二人、今日は1日宜しくお願いします!!

主催者のお二人

・・・挨拶も終わり、参加者の皆さんも集合したところで兒玉さんより今日のスケジュールとルート説明。手に持っている分厚いファイルは今日の街歩きで説明する資料とのこと。

ルートの説明

一通り説明が終わったらいざ出発!

出発

歩くこと30秒、いきなりお店の前で立ち止まり、兒玉さんが資料を手に説明を開始。

兒玉の説明

  • test_face002兒玉さん

    この「金城庵」は大正5年創業の老舗蕎麦屋。三島由紀夫が立ち上げた「楯の会」の結成式や、阪神で活躍した岡田彰布さんが入団会見をしたことで有名です。

そして説明後、すぐに歩き出す兒玉さん。このような形で進行するようです。ハイペース。

移動再開

次は「記念ペナントオギワラ」。ペナントとは細長い三角形の旗のことで、大学のサークルからの製作依頼もあるようです。

記念ペナントオギワラ

  • test_face002兒玉さん

    創業時は、早稲田の制服や制帽を作り販売していましたが、現在はペナントの作成と販売がメインです。

続いて早稲田大学近くにある観音寺。入り口が非常にユニークな形をしていて外から見るだけではお寺には見えません。

観音寺

観音寺別アングル

  • test_face002兒玉さん

    真言宗豊山派寺院の「観音寺」は、慈雲山大悲院と号します。賢栄和尚が開山となり寛文13年(1682年)下戸塚村に創建したといいます。この変わった形をしたデザインは、早稲田大学の教授・石山修武(おさむ)さんがデザインしています。

しばらく歩くと早稲田大学の正門前にある「大隈講堂」に到着。今回初めて見ましたが、コンクリートのビルを見慣れていたため、レンガ造りの建物は非常に美しかったです。

大隈講堂

  • test_face002兒玉さん

    「大隈講堂」は2006年に歴史ある外観は維持したまま改装工事を開始して、多機能型文化ホールとして利用できるようになりました。

ここで遅れていた主催者のひとりで「NPO法人東京を再発見する会」理事の外村(そとむら)さんが到着!前日飲み過ぎたとのこと(笑)宜しくお願いします!

外村さん

参加者がはぐれないよう外村さんが「東京再発見」と書かれた旗を持って歩きます。

再出発

早稲田大学を通り過ぎ・・・

早稲田大学付近

何気ないビルにも兒玉さんのウンチクが・・・

高田牧舎

  • test_face002兒玉さん

    ビル最上部にも書かれているこの「高田牧舎」は、明治38年に創業。もとは創業者が麹町から牛7頭を連れてきて始めたミルクホールで、早稲田大学の歴史と共に歩んできた老舗のレストランです。

小さな店にも歴史があるようで・・・

ぷらんたん

  • test_face002兒玉さん

    「ぷらんたん」は、昭和25(1958)年に創業の喫茶店。経営者は変わりましたが、お店は続いています。吉永小百合やタモリも通った言われています。

お店の反対側にはお寺が。

宝泉寺

  • test_face002兒玉さん

    「宝泉寺」には、江戸鋳物師の技術が頂点に達した正徳年間に鋳造された梵鐘(ぼんしょう)があります。太平洋戦争中に金属が不足し、当時のお寺が梵鐘を国に供出したため、現存する江戸時代の梵鐘は数が多くありません。そのため宝泉寺の梵鐘は、史料的に価値が高くなっています。

「宝泉寺」から1分ほど歩いたところにまたお寺が。早稲田大学周辺にはお寺が多いんですね。

もう1つのお寺

すると道路の向かいになんとも歴史がありそうなおそば屋さんが。兒玉さんのお話が続きます。

三朝庵

  • test_face002兒玉さん

    「三朝庵」は、カレーうどん発祥の店です(1904年から出していると言われています)。また、カレーうどん発祥だけでなく、現在の卵をとじる形のカツ丼を産み出したのもこの店です。

・・・なんと!!カツ丼に目がない私は是非ここで食べたい!と思っていたらこの店でお昼休憩に。参加者みんなでお店に入ります。

三朝庵別アングル

レトロな雰囲気漂う木造のお店で、メニューも手書き!さっそく注文してみたところ、カレーうどんやカレー南蛮は人気商品だからか12時前なのに既に売り切れ・・・しかしカツ丼は無事残ってました!良かった!

メニュー表

レジ付近にはこのような但し書きが。「卵でとじるカツ丼発祥の店=特別なこだわりがある」と思われる方がいるのかもしれませんね・・

但し書き

15分ほど待ち、カツ丼の登場!汁物とお新香のセットです。

カツ丼

アップもパシャリ!お、おいしそう・・・頂きマス!!

カツ丼拡大

普通の蕎麦屋のカツ丼、と書かれていましたが、昔ながらのほどよく甘い味付けでとてもおいしかったです!ごちそうさまでした!!

そして昼食が終わるとすぐに街歩き再開。ここからは兒玉さんの解説と共に回った名所・名店をダイジェストで紹介。まずは人気ラーメン店「メルシー」(この日は定休日でした・・)

メルシー

  • test_face002兒玉さん

    「メルシー」は慶応の二郎、早稲田のメルシーと言われるほど人気のあるラーメン屋です。ラーメンは煮干し出汁、丼物も充実しています。

続いて「放生寺」(ほうじょうじ)。ちょうちんが目印です。

放生寺

  • test_face002兒玉さん

    ちょうちんに書かれている「一陽来福」とは、来る年もまた福が訪れるように願う意味があり、冬至から節分の間に一陽来福のお札を受け取ることができます。

続いて「エジプト考古学ビル」

エジプト考古学ビル

  • test_face002兒玉さん

    エジプト考古学の第一人者、吉村作治氏の所有するビル。以前はここでパピルスというエジプト料理店も経営していました。

続いて「スコットホール」という名前の教会

スコットホール

  • test_face002兒玉さん

    ここは、昔からキリスト教に関心を持つ早稲田大学の学生たちの知的・倫理的啓発の場として発展しています。ちなみに私は、ここで挙式しました

・・・えっ、ここで結婚式!?兒玉さんが!?と参加者がざわざわする中、とても照れくさそうにしていました。こんな教会での挙式もすてきですね。

そんな素敵な教会の次は何とも庶民的な建物が・・・

渡辺館

  • test_face002兒玉さん

    「渡辺館」は今では数少ない、昔ながらの賄い付き下宿です。現在も下宿している人がいるそうです。

「渡辺館」を離れイチョウの紅葉が綺麗な早稲田大学内を通り抜けて正門を出ると、周りから一際浮いた謎の建物が。「ドラード早稲田」という名前で賃貸マンションとして住むことが可能とのこと。

ドラード早稲田

  • test_face002兒玉さん

    正式名称は「ドラード和世陀(わせだ)」。早稲田大学建築学科を卒業した、日本のガウディの異名をとる梵寿綱(ぼんじゅこう 本名田中俊郎)とその仲間たちによって1984年に建てられました。
    奇抜なデザインに様々なタイルや陶片が使われています。ギャラリーや美容室などのテナントも入っています。

お昼休憩を挟んで約3時間早稲田の街を歩き、集合地点の都電早稲田駅まで戻ってきました。この後いよいよ今回のメインイベント、都電荒川線貸切の旅が始まります。

都電早稲田駅

早稲田まちあるきルートマップ

※実際に歩いたルートとは多少異なっています

1 2
mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう アプリダウンロード

mixiアプリで、もっと毎日を楽しもう

話題のニュースから、趣味のイベント・情報交換には欠かせないコミュニティまで。
あらゆるジャンルが楽しめるmixiアプリなら、あなたのお気に入りがきっと見つかる。